【文化の創造活動に関する事業】
・アドバイザー派遣事業
 地域の文化団体等からの要請に応じて、文化活動に関する専門的な知識や経験を有するアドバイザーやプロのアーティストを派遣し、事業企画や舞台技術に関する指導・助言、舞台表現に関するワークショップ等を行います。

・舞台創造支援事業
 地域の人々が文化活動へ参加できるような研修講座や模擬公演の実施を通して、地域文化活動の活性化を促進します。

【鑑賞機会の拡充に関する事業】
・文化の宅配便事業
 公立文化ホールが無いなど、鑑賞環境が整備されていない市町村に、小規模な鑑賞公演やワークショップ等の普及活動を組み合わせた事業を提供し、地域での文化活動の振興を図ります。

・アート体感教室事業
 国内外で活躍するアーティストと道内各地域の児童・生徒が、ワークショップや創作活動の交流を行うほか、舞台や作品鑑賞を通して、広くアートを体感する機会を提供します。

【文化活動の促進に関する事業】
・アートゼミ事業
 道内で舞台芸術や美術等に関わる創作・表現活動に関わる方や、企画制作・マネージメントに関わる方を対象に、人材育成を目的とした少人数による実践講座を開催します。

・若手芸術家発表事業
 道内で活動する新進の若手芸術家に、発表の機会を提供し、広く道民に紹介します。

【文化交流の促進に関する事業】
・文化交流事業
 国際交流を促進するため、優れた公演活動を行う文化団体を派遣、または招へいして公演を実施します。

【文化情報の提供に関する事業】
・文化情報提供事業
 「文化情報ライブラリー」「アートスペース」を運営するとともに、「北の情熱」と題したオリジナル映像を制作します。

・舞台芸術情報提供事業
 道内で実施可能な公演企画の最新情報を、各文化ホールの公演企画担当者に情報提供する機会や、鑑賞型事業の共同開催に向けた、文化ホールと文化団体の情報交換ができる会議等を開催します。

【生活文化及び健康・体力づくり活動の促進に関する事業】
・アートカフェ開催事業
 暮らしの中にアートを身近なものに感じてもらうこと、アートを通して人と人とが出会い豊かな時間を持つことを目的に、道内外で活躍するアーティスト等をゲストに迎え、参加者とアーティストが交流するトークイベントを開催します。

・地域文化協働事業
 生活文化及び健康・体力づくりの分野で活躍する団体と当財団との協働によって、地域文化の一層の創造・発展を図ります。
公益財団法人への移行のご挨拶
 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
 さて当財団は、公益法人制度の改革に伴い、平成24年4月1日付けで移行登記を完了し、公益財団法人として再出発いたしました。これを機に、財団設立の趣旨に基づき、より一層、本道における幅広い文化の振興に努めて参りますので、今後ともご支援、ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
 公益財団法人北海道文化財団 理事長 磯 田 憲 一
  • 4月7日~5月30日
    ErikaKusumi「ambivalence」

    入場無料 9時―17時(土日祝休館)
  • 4月7日~5月30日

    ※事務所の運営等の事情により、急遽休館する場合があります。